スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アクアメモ①




すっかりアクア。 毎日アクア。

色んな器具に四苦八苦。

フィルター・底床・添加剤。 水草・お魚・エビちゃん。

色々困惑悩ましい そんなアクアなあなたへ経験則からのアクアメモ。


①:水槽はオールガラス25㎝キューブ型以上がオススメ。

 水槽が許容する最大の容積は水槽の 底面積×高さ×0.9くらいになります。
 水量により1つの水槽で暮らせるお魚の数がきまってくるワケです。
 キューブ水槽は容積を稼ぎやすいのでオススメです。
 メダカちゃんを例にだすと、1リットルに1匹がゆったり暮らせる水量になります。
 さらに水槽内には底床を敷くことがほとんどなので底床材の量に応じて水量を測りましょう。


②:濾過器は底面フィルターがオススメ。

 最近ではペットショップなどで水槽スターターキット等が販売されています。
 それらの商品についてくる濾過器はほぼ壁掛け式のフィルターです。
 セットになっている水槽に適正量の生体を投入する分には
 必要十分な濾過能力を備えているとは思いますが
 経験上壁掛け式フィルターのみでは苔やすいです。
 そこでオススメなのが底面フィルター。
 スターターキットでアクアに踏み込む方には別途の費用が掛かってしまいますが
 費用をかけた分、濾過能力は高いです。
 底面フィルターとは文字の通り、水槽の底に設置するタイプのフィルターですが
 このフィルターの上に敷く底床材の全てが濾材になります。
 たとえば5リットルの砂利を敷けばその全てが濾材となるワケです。
 底面フィルターを稼働させるためには底面フィルター(700円前後とかで売ってます)と
 エアポンプ(小さい水槽だったら静かなヤツが1500円ほどで買えます)か
 もしくは、水中モーターが必要になりますがエアポンプがオススメです。
 これで濾過能力はほぼ問題ないです。
 他にも濾過器には、外部フィルターや上部フィルターやオーバーフロー式などがあります。
 各々メリットとデメリットがあるので自分にあったものや使ってみたいものを選びましょう。


③:照明器具

 アクアな人々を悩ませ続けるのが照明器具です。
 水草水槽にこっている方は散々悩まされていると思います。
 蛍光灯・メタルハライド・LED各種あり、お値段もピンキリです。
 ワット・ルーメン・スペクトルと情報を集めれば集めるほど
 何が良いのかわからなくなります。
 それが照明器具です。
 安価で妥当なのは蛍光灯なのですが最近LEDの勢力が強まり
 取り扱い数が減っています。
 水槽には適さない!とされてきたLEDですが、特に強いこだわりをもって
 水草は常に光合成をして気泡をつけていなければ気が狂う!
 とかいわなければLEDで全然OKです。
 形も様々で吊り下げやアーム式やフチ掛け式などあります。
 好きな光り方のものでOKです。
 蛍光灯でも形状は似たようなものですが蛍光灯とLEDとで
 光の性質以外の最大の違いは照射する光に熱線を含むかどうかです。
 暑い時はLED、冬になったら蛍光灯とかでもまったく問題ありませんし
 使っていないクリップライトやデスクスタンドがあればソレでも代用可能です。
 また暑さ対策として蛍光灯購入時には、ほぼ必ずリフトアップパーツが
 同梱されているのでソレを使用することで若干水温上昇を緩和できます。


④:CO2添加器具

 水草をメインで育成したい方は必須になるでしょうが
 お魚やエビをメインに考える場合は特に必要ありません。
 むしろ添加しすぎると水中が酸欠状態になる恐れもあります。
 CO2添加はやってみたいけど・・・ という方が強く惹かれるのが
 CO2を発生させるタブレットやリキッドですが
 これらに投資するくらいなら添加キットを買ったほうが費用対効果は高いです。

⑤:水草・お魚・エビちゃん
 何をメインにするかは千差万別です。
 設置する器具と投入する生体により共存ももちろんできます。
 但しイキモノなのでもちろん枯れますし、死にます。
 そしてその責任は概ね管理者にあります。
 枯れてしまう・死んでしまう事はもちろん悲しく寂しい事ですが
 それを乗り越えて経験値を上げましょう。
 ググればいくらでも情報がでてきますが
 自分の環境で試さないと結果はわかりません。
 事前に知識を持つことはとても重要ですが、縛られる必要もないです。

⑥:添加剤

 水槽の維持管理・水質調整に失敗した時に頼りたくなのが添加剤です。
 カルキ抜き・水質改善・治療薬液・各種バクテリア等など様々です。
 効き目はあるものもありますし、ないものもあります。
 無理して購入することはありませんが試したいものが買えるのであれば
 試してみたほうがモヤモヤせずに済みます。


☆:オススメ色々

 水槽:オールガラス 設置可能な限り水量の多いものがベター。
 底床:ソイル・川砂利・大磯砂・ゼオライトなんでも可です。
 濾過器:コトブキ ボトムインフィルター。 それ以外でも問題ありません。
 エアポンプ:水作の「水心」シリーズ。静かです。
 水草:アヌビスヌ・ナナ 低光量でも育ちます、育成は遅いですが丈夫です。
     流木や石に木綿糸等で巻いて沈めます。
 お魚:メダカ。 色々種類がありますのでお好きなものを。
     対応水質が幅広く、カルキ抜きをした水道水がそのままマッチします。
     体も丈夫で、冬場もヒーターいらずです。水面が氷結しても生きていけます。
 添加剤:テトラ アクアセイフ。 お魚や水草がワッショイな水になります。
      コトブキ ザイム33。 ナイスバクテリア!水がキラキラになります。

☆:濾過と底床材については別記事で。
[ 2014/06/19 01:47 ] ●アクア | TB(0) | CM(1)
いいね
[ 2014/06/19 13:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

義父と一緒。

Author:義父と一緒。
・車・映画
・ゲーム・アニメ
・音楽・アニソン
・おもちゃ・写真
・ガジェット・プロレス
・ネイティブアメリカン
・水曜どうでしょう
・にゃんこ
このあたりが大好物。

気になるアイテムはAmazonで!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。