月別アーカイブ  [ 2010年09月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Braid




Twitterで紹介されたダウンロードコンテンツ

「Braid」

Xbox360版とPS3版があり、XboxLiveやPS-storeで購入可能。

価格はどちらも800円。



以下ネタバレ満載!



操作は、ジャンプとアクションに加え、「時間を戻す」という3点。

アクションゲームでありながら、かなり難解なパズル要素を持っているので、

アクションゲームファンだけではなく、パズルゲームファンも楽しめると思う。

それぞれのステージを攻略する際だけでなく、物語全体を通して、

一般的なアクションゲームには無い、「時間を戻す」と言う操作が、

主人公「ティム」の願いであり、このゲームのキモになっている。


このゲームの公式のテーマは「贖罪」。

それ以外にシナリオの詳細などは発表されていないが、

物語にでてくる本の内容などでアタリをつけていくと、

「Braid」というゲームが持つ切なさが見えてくる。

「これで俺たちはみんなクソったれだ」という言葉をググるだけでも、

原子力爆弾の開発という裏テーマが見えてくる。

以下に、その裏テーマを導き出し物語のコアを探るヒントとなる要素を挙げてみる。


●焼かれる街

●「時間を戻す」というコトの意味は?

●このゲームのテーマは「贖罪」

●主人公「ティム」はどうやら「科学者」らしい

●「彼女」と「プリンセス」は別人である

●「プリンセス」は「モンスター」にさらわれた

●「プリンセス」が意味する存在は?

●「これで俺たちはみんなクソったれだ」

●Xbox Liveでの配信開始日は「8月6日」



ゲームを最後までプレイしてみて、この9つの要素を解釈すると、



● 主人公「ティム」は平和的な「原子力」開発(プリンセス)の研究をしている科学者であり、

  「彼女」(妻・恋人・母親のいずれか)と生活をしていたが、

  自身の研究に明け暮れ、「プリンセス」に夢中になり、

  大切な「彼女」を蔑にしてしまった。

● そのことを認識していながらも

  「彼女」を蔑にして研究に没頭し続けた結果、

  出来上がったのは「原子力爆弾」。

● 研究の行程として「原爆」の実験を行った際、

  誰かの発した「うまくいったな」と言う声でハッとする「ティム」。

  「うまくいった」・・・ つまり「モンスター」(原爆)を作るために

  自身の研究が利用されたのだと気付く。

  打ちひしがれた彼の目の前で「モンスター」が嘲笑う、

  もう少しだけ手を伸ばすことができれば、「プリンセス」を掴めたのに…

  「プリンセス」は「モンスター」にさらわれてしまった。
  
● 「プリンセス」を守ることができなかった罪の意識から

  「これで俺たちはみんなクソったれだ」という言葉を放ち、

  研究を捨てる「ティム」、打ちひしがれた彼は安らぎを求めて

  「彼女」のもとへ帰ろうとするが、「プリンセス」に夢中になっていた彼を

  「彼女」は許してはいながらも、待っていてはくれなかった。

● 「8月6日」

  自身の生んだ「モンスター」が放った悪魔の火で焼ける街に立つ「ティム」

  恐らく「彼女」も無事ではいないだろう。

  大切な大切な「彼女」を失い、

  夢中になった「プリンセス」も「モンスター」にさらわれてしまった。

  寄り添える存在を失い焼ける街を一人見つめる「ティム」

  「どうしてこんなことに…」

  しかし、研究に没頭していたとは言え、

  彼は「モンスター」の影に気付いていたはずだ、

  その影に気付いた時に成すべきことをしなかった時点で、

  彼は「プリンセス」にそっぽを向かれていたのかもしれない…

● 彼が願うのは「贖罪」。

  全てをやり直すために「時間を戻す」ことはできないのだろうか?

  それが出来ないのなら、今できることを1つずつ、1つずつ。

  自らの罪を償うために…



と言う物語ではないかな と推察できる。

公式なものが無い以上、これが正解!などと言うつもりは無いし、

プレイした方が感じたことが正解なのはいわずもがなだが、

あんまりハズしていない気がしているのも事実だったりする。



何か新しいゲームを模索中の方にはお勧めできるタイトルだ。



スポンサーサイト
[ 2010/09/30 02:56 ] ● TVゲーム | TB(0) | CM(0)
プロフィール

義父と一緒。

Author:義父と一緒。
・車・映画
・ゲーム・アニメ
・音楽・アニソン
・おもちゃ・写真
・ガジェット・プロレス
・ネイティブアメリカン
・水曜どうでしょう
・にゃんこ
このあたりが大好物。

気になるアイテムはAmazonで!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。