スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

G1 climax XX Grand-Final




大混戦の中、勝ち上がったのは、

Aブロック:棚橋弘至

Bブロック:小島聡

の両雄。

試合はまだ見ていないが、

優勝者は小島聡。

小島が新日本プロレスに在籍していた数年前、

G1の決勝で盟友である天山との試合に臨み、

その際は、天山に敗れ、G1を逃している。

全日本プロレスに移籍してから、

ありとあらゆるタイトルを総ナメにし、

IWGPはシングル・タッグ共に新日本在籍時に戴冠していることから、

逃したタイトルは、このG1だけだった。

開幕前のコメントで「忘れ物をとりに来ました」

とのコメントがあったが、

見事「忘れ物」を見つけ手に入れたことになる。

nWo-Japan や TEAM2000 の頃からの小島ファンとしては嬉しい限りではあるが、

しかしながら、小島は現在フリーランス。

つまりは、外部「団体」へ流出はしていないものの、

IWGPとならぶ新日本の至宝が外部に奪われたことに変わりはない。

これは残念なことだ。

G1シングルの争奪戦はまた来年となるが、

是非、新日本在籍選手に奪還してもらいたい。

そして、今後の小島の動向だが、

G1を手に入れたのだから、次に狙うべきはIWGPシングルだろう。

直近の挑戦でなければ、10.9に大きな試合があるので、その時かもしれない。

冬にはG1タッグも開催される。

願わくば天山とのタッグがみたいが、

引退説も流れる天山がどう動くのか・・・

期待したいところではある。


2010.8.15
G1 Climax XX 優勝者:小島聡(フリーランス)
○小島聡 VS ×棚橋弘至 (ラリアット→片エビ固め)



[ 2010/08/15 22:43 ] ● NJPW | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

義父と一緒。

Author:義父と一緒。
・車・映画
・ゲーム・アニメ
・音楽・アニソン
・おもちゃ・写真
・ガジェット・プロレス
・ネイティブアメリカン
・水曜どうでしょう
・にゃんこ
このあたりが大好物。

気になるアイテムはAmazonで!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。